営業支援システムが導く会社の未来【エンフォース会社力】

IT

営業と管理から見た利点

システム

営業支援システムは、今や多くの企業が業務のなかに導入しています。ソフトウェアを仕様した営業活動の管理は業務の効率化や時間の有効活用にとても有用で、営業支援システムを導入することで、営業生産性をスムーズにアップさせていくことも可能となります。
営業支援システムの真髄は、専用のツールを使用することにより情報の共有が手早く済ませられる点にあります。つまり、外で活動する営業マン、会社で営業マンをまとめ上げる管理者の双方にとって利点があると言うことができます。

営業マンから見ると、営業活動中の無駄な時間を排除することができるという利点があります。
営業マンは、営業成績を上げれば上げるほど会社における評価が上がっていくため、より高い評価を得ようと頑張っている営業マンは多くいます。しかし、そんな働き者の営業マンの活動を、進捗報告の時間や商談内容をまとめる時間などが邪魔をします。これらの事務的な作業は必ず必要になるものですが、その作業をしている時間帯にお金が発生することはありません。
営業支援システムを導入すれば、こういった報告や記録の時間を大幅に短縮することができます。スマホやタブレットを駆使し、外出先で簡単に上司と情報を共有できるので、余った時間を少しでも多くの営業先へ足を伸ばすことに使うことができるようになります。

管理者から見ると、各営業マンが出した営業成績や進捗状況などを瞬時に把握することができるという利点があります。
営業マンからの報告をアナログな手段で行っていると、報告にいちいち時間がかかりますし、それらの報告内容をまとめるのにさらに時間がかかってしまいます。営業支援システムを導入すれば、そういった時間はすべてソフトウェアが肩代わりしてくれて、各営業マンの状況を素早く把握することが可能となります。