営業支援システムが導く会社の未来【エンフォース会社力】

IT

情報を共有すること

システム

会社の業務内容を改善するためにまず着手するポイントは、情報の透明性を高めることです。会社によっては別のポイントを改善したほうがいい場合もありますが、多くの場合、現状よりも情報の透明度を増すことによってさまざまなメリットが生まれてきます。
情報の透明化というのは、あらゆる情報をさまざまな社員が把握できるようにすることです。例えば、あるい営業マンが営業先から集めてきた名刺。現在はスマホのアプリを活用した電子名刺も普及しつつありますが、やはり紙の名刺が一般的で、各営業マンがおのおので集めた名刺を管理しています。ここで営業マンが突然退職してしまうことがあると、一気に名刺の行方がわからなくなってしまうという弊害が生まれます。そうでなくても、重要なクライアントの情報をみんなで共有しておくことで、何かしらの利益を捻出することが可能となります。

そこで活用したいのが、営業支援システムです。営業支援システムを活用すれば、営業マンが営業先から得た情報や営業生産性などを随時更新することができ、会社にて管理している上司などがいつでも確認できるようになります。また、部署内・部署間の情報のやりとりも非常にスムーズになり、あらゆる社員が必要な情報を必要なときにすぐさま取り出せるようになります。そうすることで、共有のために無駄な時間を使う必要がなくなり、業務内容の大幅改善が可能となるのです。

また、普通は営業マンの手帳に記されるような営業先での活動履歴、ちょっとした特徴などを営業支援システム上に記録することで、それらの情報を上司が確認することができ、一人では気づけないような改善を行うことも可能となります。